カテゴリ: ・現地の支援活動レポ( 9 )


とりあえず第一報

市の職員から情報をもらい、物資の少ない避難所へ食糧他、必要雑貨を届けに・・・。

場所は仙台港からすぐ近くの
避難所になっている高砂中と宮城野区の榴岡小学校の二か所。

まだ外部からの物資が届いていないため、必要な物はまったく揃っていない。

榴岡小学校の方は、燃料がないため、炊き出しが出来ない。
カップ麺や缶詰が並んでいる。
体育館での雑魚寝。 中は暗く、どれだけの人数かいるのか、見てとることができない。
何個かストーブはあるが、非常に寒く、みんな毛布にくるまっている。


市の職員の方に、ここよりもさらに物資の少ない避難所があるとの情報をいただき、
高砂中学校へ。

高砂中の方が規模は大きく、ざっと見たところ泊りこみの避難者はおよそ200名。
ちょうど炊き出しを行っているところに到着。
自宅に残っている近所の被災者の方も、この炊き出しにやってくる。

炊き出しは、一人お椀に一杯の汁かけごはん。おかずは紅ショウガ。
それでも、炊き出しを行っているので、賑わっている感がある。

2階教室が宿泊場所。暖房は廊下に石油ストーブのみ。
高砂中は海が近いため、海風が吹いて寒いだろう。

どちらの避難所でも、届けた物資を大変喜んでいただいた。

それでも、まだ物は足りない。燃料も足りない。

TVの映像からは決して伝わってこない現場の匂い。

届けた物資
米200kg・乾麺・缶詰・煮豆・こども用おやつ・その他食糧・衣類・タオル・
女性用品・ノート・筆記具などの文具・少量の灯油・他多数


以上、t​e​t​-​s​n​o​r​yブログより
[PR]

by tmc_fm | 2011-03-19 00:53 |  ・現地の支援活動レポ | Trackback | Comments(0)

ご支援いただきましてありがとうございます

被災地及び被災者の方への支援活動にご賛同くださった皆さまへ

このたびは、支援活動にご賛同いただき、
早々の義援金送金を賜り、ありがとうございました。

現在のところ、みなさまからお預かりした義援金は、
被災地宮城県への救援物資(お米・お味噌・子供用のおやつ・その他の食糧・カイロ・マスク・女性用品・衛生用品)と、その物資を運ぶための輸送代等に使用させていただいております。

時間の流れとともに、支援を必要とする場所は変わります。
また必要とするものも変わっていきます。

TVなどのニュースで皆さまのもとに届けられている情報がすべてではありません。
今回の被災地は広範囲に渡り、また、地震や津波による一次災害だけでなく、
原発事故という二次災害まで起こっているために、
単純な支援活動では事足りない状況です。


刻々と変わる状況にいかに対応し、効率的な支援ができるのかが勝負だと思います。
しかし、現地に向かうための燃料不足、真冬並みの積雪など、さまざまな障害が起きていることも事実です。

山形には現在、宮城・福島から、3000人を超える被災者が避難してきており、
避難場所として受け入れている施設等での物資の不足も問題になってきております。

残念ながら、山形でも、食糧などの買い占めが横行、
また、ガソリンスタンドに並ぶ車が道路の1レーンを塞ぎ、大渋滞を起こしている状況です。

それでも、農村地域の方々のご協力をいただき、
大量の食糧を買わせていただくことができました。

ひとえにご支援いただきました皆様のおかげと心より感謝いたします。


ご支援いただきました皆さまには、
義援金の使い途と支援内容をお知らせすべく、
このブログを立ちあげた次第です。

ただ、申し訳ありませんが、スタッフ一同が支援活動との両立のため、
人出が足りず、皆さまのご満足のいくようなご報告を、
日々あげることが難しいこともございます。

ご支援いただきました皆さまには、厚く御礼申し上げますとともに、
今しばらく、お見守りいただきますよう、お願い申し上げます。

                          
                                 代表 大谷哲範

以上、t​e​t​-​s​n​o​r​yブログより
[PR]

by tmc_fm | 2011-03-17 10:50 |  ・現地の支援活動レポ | Trackback | Comments(0)

03月17日

宮城県行き物資輸送第2便の準備が着々と進んでいます。
本日は支援物資を提供してくださる方々のもとを回り、
明日には輸送します。多賀城辺りに行くことになると思います。

大谷哲範@tetsnoryより
[PR]

by tmc_fm | 2011-03-17 07:00 |  ・現地の支援活動レポ | Trackback | Comments(0)

03月15日

2tトラックに物資を積み仙台へ行ってきました。
市内の状況は一見平穏に見えますが、人々の心が荒みはじめていることを感じました。
子供達もおなかを空かせています。店はすべて閉まっている。
山形行きのバス停には大荷物を抱えた人が200m以上もの列を作っていた。

仙台市内中心部以外の道路は陥没隆起している上に、信号が機能していない。
悪路に慣れている人以外の運転はかなりの危険を伴う。
窃盗や自販機荒らしが多発しているとの噂を効いた。
治安の悪化による不安が覆い始めているようだ。

2~3日中に第2便を届ける予定。
少ないがこどもたちへのお菓子なども用意している。
時間の経過とともに必要なものが変わってくる。
今はまず金と物資。いずれいろんなスキルを持った人たちが必要となる。

仙台に行く前、山形県庁に寄ったら、今日も会議と情報収集。
民間からの支援物資は受け付けない決定をしたというので、
理由を聞いたら「こちらでは処理しきれなくなるから」と言われた・・・(@_@;)

大谷哲範@tetsnoryより
[PR]

by tmc_fm | 2011-03-15 22:00 |  ・現地の支援活動レポ | Trackback | Comments(0)

03月14日

義援金の協力、心からありがとうございます。
山形農村部には大量の米(古米)をはじめ潜在食糧は豊か。
長期に渡る支援を視野に入れると、ベース作り、パイプ作りが大切。
単発支援に終わりたくないもんね。
秋保温泉の中継基地を経て、被災地の元気な方達と連携していきます。

大谷哲範@tetsnoryより
[PR]

by tmc_fm | 2011-03-14 21:00 |  ・現地の支援活動レポ | Trackback | Comments(0)

03月13日

山形の物資やガソリンも足りなくなっている状況ですが、
明後日物資を届けに行ってきます。他地域の方からも援助の
申し入れがありました。ありがとうございます。
山形県庁の方や仙台の企業の方とも連携しての活動を考え
進めています。ご協力お願いします。

大谷哲範@tetsnoryより
[PR]

by tmc_fm | 2011-03-13 20:00 |  ・現地の支援活動レポ | Trackback | Comments(0)

03月13日

比較的被害が少なかった山形。目線を上げよう!!
宮城の隣県だからこそ出来ることがあるはず。
被災地サポートはこれから長い月日をかけて必要。
どのタイミングで何をすることがいいのか一緒に考え行動しましょう。

大谷哲範@tetsnoryより
[PR]

by tmc_fm | 2011-03-13 13:00 |  ・現地の支援活動レポ | Trackback | Comments(0)

03月13日

俺が20代の頃ずっと一緒に音楽活動をしてきたキーボードプレイヤーである
大谷哲範、通称“コゾー”が現在秋田に住んで色々な活動をしている。
彼からのメールを紹介したい。

『事態はヒドイね。
新たな難民受け入れも視野にいれています。
応援とても嬉しい。
ありがとう。

食料、マスク、ヨウ素をたっぷり揃えました。
山形県庁との連携を調整しています。

復興支援は長くかかるでしょう。
カネ、モノ、ヒト
の順番だそうです。

義援金はこちらにお願いします。

山形銀行東青田支店
普通預金
212393
緑水の森再生委員会
代表 大谷哲範

林野庁の助成金を受けて活動している非営利団体です。

久しぶりに今日風呂に入ったよ。』

彼なら必ず有意義な義援金の使い方をしてくれると信じている。
よかったら協力して欲しい。


織田哲郎より
[PR]

by tmc_fm | 2011-03-13 12:30 |  ・現地の支援活動レポ | Trackback | Comments(0)

記録として・・・

大震災以降、被災地で支援活動をされている
緑水の森再生委員会の代表、大谷哲範氏と
スタッフの皆さんのツイッターやブログ、メールなど
こちらに記録させて頂きます。

少しでも皆様に伝わればという思いで・・・
[PR]

by tmc_fm | 2011-03-13 12:00 |  ・現地の支援活動レポ | Trackback | Comments(0)
line

タイムマシーンカンパニー    フリーマーケット開催レポート&雨天時開催確認ページ   都内各所でフリマイベントを開催しています。こちらのフリマレポートで当日の臨場感が伝われば嬉しいです。


by tmc_fm
line